サンシティのカラコン購入はこちらから

老眼でもカラコンは使える?遠近両用コンタクトのメリット・デメリット

老眼でもカラコンは使える?遠近両用コンタクトのメリット・デメリット
0

目が疲れやすい、ピントが合わないなどの症状は「老眼」かもしれません。

老眼は40代から症状を感じやすいと言われており、誰にでも訪れるものです。

老眼になったらカラコンは使えない?と思っている方もいるかもしれませんが、遠近両用レンズや老眼鏡との併用でカラコンを使用することができます。

カラコンの使用によって老眼が進行することはないので、見え方に慣れるためにも早めに対処されることをおすすめします。

今回は、老眼でもカラコンが使えるのか?という疑問と遠近両用コンタクトのメリット・デメリットについて解説します。

老眼でもカラコンは使える?

老眼でもカラコンを使うことは可能です。

カラコンの使用が老眼の進行に影響を与えることはないですが、眼科で定期受診を続けながら、カラコンを使用してください。

症状には個人差があり、今まで使っていたカラコンの度数が合わないなどの症状を感じることもあるでしょう。

老眼に合わせたコンタクトに変更することも選択肢の一つです。

遠近両用カラコンを使用する

老眼用のカラコンとして、遠近両用カラコンがあります。

遠近両用レンズを使用することで、遠くと近くのピントが合わせやすくなるので、見え方は楽になるでしょう。

遠近両用コンタクトのメリット・デメリット

遠近両用コンタクトは、近距離用の度数と遠距離用の度数が1枚のレンズに配置されたものです。

対象物の距離に応じてピントを合わせられるので、近くも遠くも自然に見えます。

メリットとしては、老眼鏡のように掛け外しの手間が掛からず、周囲からも老眼であることが分かりにくいことです。

デメリットは、遠用部と近用部の配置がコンタクトレンズメーカーによって異なるため、自分に合ったレンズを探す必要があること。

老眼鏡と遠近両用レンズの違いは?

老眼鏡と遠近両用レンズの違いは、見え方です。

老眼鏡は、目の調整機能を助け、近い距離でピントを合わせやすくするメガネのこと。

基本的には近くを見るときに見えやすい度数で作られており、遠くを見るときは眼鏡を外す必要があります。

遠近両用レンズの場合は、1枚のレンズに近距離用の度数と遠距離用の度数が配置されているので、近くも遠くも自然に見ることが可能です。

老眼鏡+カラコンの組み合わせで対応する

老眼には遠近両用レンズを使う方法もありますが、老眼鏡とカラコンを組み合わせることで対応することも可能です。

近くが見えにくい方は近くを見るときだけ老眼鏡を利用することで、見えにくさを解決することができるでしょう。

人前で老眼鏡をかけたくない方は、カラコンで視力矯正を行い、近くを見るときだけ老眼鏡を使うことをおすすめします。

老眼鏡と遠近両用コンタクトレンズの併用も可能

遠近両用コンタクトレンズは見え方に慣れるまで時間がかかる方もいます。

また、目にトラブルが起きている状態の時は、カラコンも装着できないため、老眼鏡の準備は必須です。

遠近両用コンタクトを着用しているときでも、老眼鏡を併用することは可能なので、自分の目にあった遠近両用コンタクトレンズを処方してもらいましょう。

老眼の症状とは?

老眼は加齢と共に手元の小さなものが見えにくくなる症状のことです。

加齢によってレンズの役割を果たす水晶体が硬化するだけでなく、ピント調整を行う筋肉の力も弱くなってしまうことが原因。

加齢現象なので、誰にでも起こりうる症状なのです。

老眼の症状には個人差がありますが、一般的には40代から症状を自覚する方が多くなります。

ただし、パソコンやスマホをよく使う人は30代でも初期症状が見られるケースもあるようです。

老眼のセルフチェックの方法

老眼かも?と思ったら、まずは簡単なセルフチェックを試してみましょう。

  • 電車の時刻表や辞書などの小さな文字が読みにくい
  • 暗い場所で目がかすむ
  • 読書やスマホなどの細かい文字を見た後に頭痛や肩こりがある
  • 針に糸を通す作業など細かい作業が苦手になった
  • 本や新聞を読む時は30cm以上離さなければ読みにくい
  • 近くを見るときに目を細めることが多い
  • 近くを見た後に遠くを見る時はピントが合うまでに時間がかかる

40歳以上で2個以上当てはまった場合は、老眼の可能性があります。

あくまでセルフチェックなので、老眼の症状が気になる方は眼科を受診しましょう。

老眼かな?と思ったら?

日常生活の中で小さい文字が見えにくいなど老眼の症状を感じたら、まずは眼科を受診してください。

老眼ではなく、他の病気や視力低下などの可能性もあります。

老眼をそのまま放置してしまうと頭痛や目の重さ、肩こり、食欲不振などの症状に繋がることも。

肩こりや頭痛が老眼によって引き起こされていることもあるので、自己判断せず、眼科を受診して対処しましょう。

老眼でもカラコンでオシャレを楽しもう

老眼は加齢による症状であり、誰にでも起こりうる可能性があります。

老眼だからカラコンを使えない」ということはないので、自分に合った方法を知ることが大切。

老眼でカラコンを使用する場合は、遠近両用コンタクトレンズや老眼鏡と併用するなど、老眼と上手く付き合っていきましょう。

0
CTA-IMAGE 土曜日・日曜日も毎日発送!カラコン通販全品送料無料! 5000円以上お買い上げで全員にノベルティプレゼント!

未分類カテゴリの最新記事