サンシティのカラコン購入はこちらから

免許更新の写真はカラコンOK?写真写りを良くするポイント

免許更新の写真はカラコンOK?写真写りを良くするポイント
2+

目をぱっちりと大きく見せてくれるカラコン。写真写りも綺麗になるので、「写真を撮るときはカラコンが手放せない!」と思っている人もいるかもしれません。

でも、運転免許の写真にカラコンはNG!カラコンを装着して撮影できない規定があるのです。

カラコンを付けたまま撮影に行くと、撮影前に外すように注意されますよ!

今回は、免許更新でカラコンがNGな理由と写真写りを良くするポイントについて、詳しくご紹介します!

運転免許の写真はカラコンOK?

「運転免許の写真を見せるのが恥ずかしい」なんて思っている方も多いかもしれません。

身分証明で見せる機会がある運転免許証ですが、納得できる写真写りでない場合もありますよね。

でも、運転免許証の写真撮影では、カラコンの装着はNGなんです。

免許更新の写真撮影の際はカラコンNG

免許更新の写真撮影では、カラコンの使用はNG!

カラコンを装着したまま撮影することはできません。

カラコンは瞳の色が違うものだけがNGと思われがちですが、サークルレンズもNGなんです。

運転免許の写真撮影に関する規定には、

レンズ全体に色がついた状態で顔の印象が大きく変化するもの
サークルレンズやディファインレンズのようにコンタクトレンズに色や模様、縁取りがあるもの

が禁止となっています。

カラコンを使用している場合は、コンタクトを外した状態で写真撮影を行うとのことなので、普段から使用しているコンタクトレンズケースなどを持参しましょう。

ナチュラルカラコンならバレずに撮影できるのでは?

色が黒やブラウンなどのナチュラルカラコンならバレずに撮影できるのでは?と思った人もいるかも!

ディファインレンズなどもカラコンに含まれるので、黒やブラウンであっても撮影を断られる可能性が高いでしょう。

カラコンの中にはナチュラルで裸眼のように見えるものもありますが、撮影を行う免許更新センターのスタッフはプロです。

「ナチュラルカラコンでもカラコンを外すように注意された」との声も多いので、事前に外して撮影に挑みましょう。

バレずに撮影できたとの声もあるが…

ネットなどを見ていると「カラコンがバレずに撮影できた」などの声も見かけます。

サイズが小さいものやナチュラルなカラコンだったとの意見もありますが、カラコンの装着はNGと決まっているので、バレなければ良いというわけではありません。

また、撮影後にカラコンであることが分かった場合、再撮影が必要になることもあります。

持ち込み写真でカラコンはOK?

運転免許の写真は、現地で撮影する以外に写真を持ち込むこともできます。

ただし、規定通りに撮影した写真しか免許証に使えないため注意が必要です。

運転免許証に適した証明写真の条件は、

  • カラー写真でサイズは横2.4cm、縦3cm
  • 正面を向いて帽子などを被っていない
  • 胸から上を撮影している
  • 背景色が、薄いグレー、ブラウン、ブルーのいずれか(都道府県によ
  • り規定が異なります)
  • フチに枠線がないもの
  • 申請前6ヶ月以内に撮影したもの

上記を満たすものに限ります。

条件に該当しない写真は免許の写真として使用できないため、チェックが必要です。

免許更新の申請で使えない写真の条件

持ち込み写真の中でも免許写真として使えないものもあります。

免許更新の申請で使えない写真の条件としては

  • カラーコンタクトを装着しており目の色が違う
  • 免許証用に撮影したものではない
  • 顔や目が髪の毛や衣類やスカーフなどで隠れている
  • 写真を修正や合成している
  • 写真が過度に明るい、または暗い
  • 笑顔や目を細めた表情のもの

が該当します。

これらの条件に該当する場合は、再度撮影が必要になることがあります。

免許用の写真を持ち込む場合は、自分で撮影せず、プロのカメラマンやスタジオで撮影してもらいましょう。

免許更新の写真写りを良くするためには?

運転免許証の写真ではカラコンを付けたまま撮影できませんが、写真写りを良くする工夫はできます。

顔周りの髪型をスッキリさせる

顔周りに髪を残して輪郭がボケてしまうと、重苦しい印象を与えてしまいます。

髪が長い場合は、後ろで結び、輪郭を見せてスッキリさせましょう。

髪の毛が短い場合は、髪を耳にかけると輪郭が見えて軽い印象になります。

顔色を良く見せるメイク

目のクマがあると疲れた印象になり、顔色も悪く写ってしまいがちです。

前日は早めに就寝してクマを軽減させたり、普段よりもチークを薄めに仕上げると、ナチュラルで写真写りも良くなります。

顔色が明るくなる服装

服装は白かベージュなどの明るい色を選ぶと、肌が綺麗に見えます。

暗い色を選ぶと肌がくすんだように見えてしまうため、避けた方がベター。

また、免許写真の背景は青色が多いので、背景と同化してしまう青色も避けましょう。

胸元が空いた VネックやUネックのものを選ぶと、首元がスッキリして顔を細く見せることができますよ!

免許更新の写真はカラコンNG!クリアコンタクトで撮影しよう

免許更新の写真撮影では、カラコンの使用はNGです。

裸眼に近いナチュラルカラコンであっても、撮影時に外すように注意されることも多いので、撮影時は裸眼もしくはクリアカラコンを使用しましょう。

カラコンがなくても、髪の毛や服の色、メイクで写真写りを良くする工夫もできるので、ぜひ取り入れてみてくださいね!

2+
CTA-IMAGE 土曜日・日曜日も毎日発送!カラコン通販全品送料無料! 5000円以上お買い上げで全員にノベルティプレゼント!

未分類カテゴリの最新記事