サンシティのカラコン購入はこちらから

カラコンの安全な外し方のコツを紹介!外れない原因や道具を使った方法を解説!

カラコンの安全な外し方のコツを紹介!外れない原因や道具を使った方法を解説!
0

 

初めてカラコンを使用する方の中には、「カラコンの外し方が上手く行かない」と悩む方もいるでしょう。

無理にカラコンを外してしまうと目を傷つけてしまう危険性もあるため、正しい外し方を知っておく必要があります。

また、爪が伸びている場合などは爪で傷をつけないように注意が必要です。

今回は、カラコンの安全な外し方のコツや外れない原因、道具を使った方法などを解説していきますので、カラコン初心者の方は、ぜひ参考にしてくださいね!

カラコンを外す前に準備しておくこと

まずは、カラコンを外す前に準備をしておきましょう。

手を洗うことだけでなく、目の周りも清潔な状態にしておくことが大切です。

手を清潔にする

カラコンを装着するときと同様に石鹸を使って綺麗に手を洗いましょう。

特に指の腹や爪の間はカラコンや目の周囲に触れやすい部分なので、念入りに洗ってください。

目の周りを綺麗にしておく

カラコンを外す前に、目の周りも綺麗にしておきましょう。

メイクがカラコンに付着したり目に入ると、トラブルを起こす原因になってしまいます。

メイク落としシートやメイク落としなどを使って清潔な状態にしてから、カラコンを外すことが大切です。

安全なカラコンの外し方とコツ

手や目の周りを清潔にしたら、次にカラコンの外し方を見ていきましょう。

ここでは、カラコンを安全に外す方法と外し方のコツについてご紹介します。

①中指で下まぶたを引き下げる

鏡を見ながらカラコンの位置を確認しましょう。

利き手の中指で下まぶたを引き下げ、もう片方の人差し指または中指でまつ毛の生え際を押さえながら上まぶたを引き上げてください。

②人差し指でカラコンを白目の半分の位置にズラす

目を開いた状態で、聞き手の人差し指でカラコンを黒目から白目の半分の位置にずらします。

カラコンが白目の上に乗るようにすることがポイントです。

黒目上には角膜と呼ばれる部位があり、神経が集中しています。

そのため、わずかな傷でも強烈な痛みを感じるだけでなく、角膜に傷がつくと光が正しく入らず見え方に影響してしまうのです。

黒目の上からカラコンを外すのは危険なので、必ず白目の部分で外すようにしましょう。

③人差し指と親指の腹でレンズをつまんでゆっくり外す

白目の上にある状態で、人差し指と親指の腹を使ってレンズをゆっくりつまんで外しましょう。

カラコンの中央ではなく、下の方をつまむとスムーズに外すことができます。

この時に爪を立てたりしないように注意が必要です。

爪が長い場合の外し方は?

ネイルなどによって爪が長い場合は、カラコンを外す際も注意が必要です。

爪が長い場合の外し方について見ていきましょう。

爪が目に当たらないように指の腹を使う

爪が長い場合は、目に当たらないように指の腹を使って外すようにしましょう。

親指と人差し指の側面をカラコンに当てて、爪が眼球に当たらないように指の腹をつかって上手く外してください。

指を曲げて第二関節を使ってレンズをつまんで外す

指の腹でも外しにくい場合は、指を曲げて第一関節を使ってレンズをつまんで外す方法もあります。

第二関節のところでカラコンをはさみ、ゆっくりとつまみながら外していきます。

視線を上に向けた状態にすると外しやすくなります。

カラコンを取り外す専用の道具を使う

カラコンの付け外しに使える専用の道具も販売されています。

ピンセットのような器具を使って、カラコンをつまむことで簡単に外せるものです。

爪が伸びている方は専用の器具を使うことで、安全に簡単に取り外すことができるでしょう。

ただし、専用の道具を使う場合も使用前後は清潔にしておくことが必要です。

汚れがついたまま使用すると目のトラブルの原因になってしまいます。

▼カラコンのトラブルの詳細はコチラ
カラコンのトラブルまとめ!トラブル回避の方法と対処法

カラコンが外れない原因は?

カラコンを外そうとした時に目に張り付いて外れない場合もあるでしょう。

ここでは、カラコンが外れない原因について解説していきます。

①目に張り付いて取れない場合

カラコンが目に張り付いて取れない原因としては、次のものが考えられます。

  • 目やカラコンが乾燥している
  • 長時間カラコンを装着している
  • カラコンを装着したまま眠ってしまった
  • カラコンの外し方が間違っている

長時間装着した状態やカラコンをしたまま眠ってしまった場合などは、カラコンやレンズが乾燥して目に張り付いてしまっていることが考えられます。

目やカラコンが乾燥してしまっている場合は、レンズが動かず外しにくいため、無理に外さないようにしましょう。

カラコンを外す前に目薬をさして目を潤わせてから外すと、スムーズに外せますよ!

②レンズが滑って掴めない場合

レンズが滑って掴めない原因としては、手が濡れていることが挙げられます。

濡れた手のままでレンズを外そうとするとしっかり掴めないため、しっかり手を洗って水分を拭いてから外すようにしてください。

濡れた手を拭くタオルも清潔なものを使いましょう。

③カラコンが見つからない場合

カラコンがずれてしまい、黒目の上にない場合もあるでしょう。

カラコンが見つからない場合は無理に探そうとせず、すぐに眼科を受診して見てもらうことが大切です。

目の構造上、カラコンが目の裏側に移動することはありませんが、無理に探そうとすると傷を付けてしまう危険性があるため注意しましょう。

無理にカラコンを外すのはNG!外れない場合は眼科を受診しよう

今回は、カラコンの外し方のコツや外れない原因についてご紹介しました。

目やカラコンが乾燥している場合は、カラコンをずらすことができず、上手く外すことができないでしょう。

カラコンが外れない場合は、無理に動かそうとせず、目薬を使ってから外すことが大切です。

また、どうしてもカラコンが外せない場合は、すぐに眼科を受診しましょう。

0
CTA-IMAGE 土曜日・日曜日も毎日発送!カラコン通販全品送料無料! 5000円以上お買い上げで全員にノベルティプレゼント!

未分類カテゴリの最新記事